このテーマをインストール

 ゲームを作りたいと思ったら作ろう。とくに学生さんとか時間のあるうちしかできないものがある。
 商業的に成功が見込めるものを作りたいならそこに金ブッこむのもありだ。
 コミュニケーション能力があるなら、複数人数で同人で作成してもいい。
 もし自分が作りたいのが、小さくまとまったゲーム(簡易パズルとか)なら、これ幸いにそそくさと作ってしまうのがいい。
 2048とかフラッピーバードとか。あの規模なら、数ヶ月あれば個人でもたどり着けるだろう。

 達成感において、ゲームのそれは、双方向メディアゆえの深さがある。
 自分は、漫画やイラストや彫塑をやっていた時期があるが。完成したゲームの感想聞くのが一番嬉しい。絵とかは鑑賞一瞬でおわっちゃうしな(個人の感想です)

 ついで話だけども。例えばゲームを1個作るのにどれぐらいの工数がかかるかというのは、一度作ると簡単にわかる。
 発表されたゲーム見て、これならPG何人でデザイナー何人ぐらいで、何ヶ月だよね、みたいな計算がすぐつく。
 この時点で、世の中のいい加減なゲームに関する言説がスパーンと脚切りできるようになる。「ああ、なんかえらそうなこと言ってるけど、それは実現したら、赤字」みたいなの。コストに限らず、知らない寄り知ってるほうが、知った上でどうするかを選べるので良い。

 だからみんなゲームつくろうぜ。
 偏った例だが、オレ自身が、子持ちになってから2年越しだがブリキガンを完成するトコまで作れた。
 技術不足や、練りこみ時間不足などから、満足がいっているとは言いがたいが。試したかったコネタは一通り試すことが出来た。
 俺より、才能の有る人、時間の有る人、コミュニケーション能力の有る人、ってのは一杯居ると思う。

 ゲーム作るのは、ゲーム遊ぶのよりも、ゲーム語るのよりも、エキサイティングなのでとてもオススメしたい。
 準備2年遊ぶの5分だ。
 創作物というのは、凝縮された時間を焼き付けたものでもあるが、ゲームもまたそうだと思う。
 だからこそ、甲斐がある。

 作りたいと思ってる人は、案ずるより生むが易し。もし生めなくても、やるだけやったと思える成長はあると思う。
 是非、たのしいゲーム製作ライフを。



 死ぬまでに作りたいなーと思っているゲームのネタが何個かあり。今の情勢では仕事でやるのは無理なジャンルなので、じゃあ死ぬまでにどれぐらい作れるかと計算したところ、どこまでクオリティを落とせばイケるかという、非常に後ろ向きなものになってしまった。
 ここで根性の有る奴は、貯金切り崩したり、人を雇ったり、いろいろ手があると思うが。勿論そういうのも応援したい。
 ついでに、そこまでの根性をいれずに楽しくゲームを作る、という選択肢があってもいいと思っている。

 世の中、「ゲーム作りたい」「いずれ作る」みたいな作る作る詐欺が横行するなか、モリモリつくっている人も居て、とても心強い。
 オレはそういう人たちよりも何段も落ちるが、それだからこそ、まだ作ったことのない、これから作ろうかと思う人に、せっかくだからやるといいよ。と伝えたい。みたいな。
 そういう思いを込めて、テキスト化しつつ、自分の尻に火をつけてみるテスト。
KDDI 田中孝司 社長:コミケはもう気合い。ホントとんでもない人が集まるイベントでしょ。それに毎回、人の集まる傾向が違うんだよ。運用本部にコミケのリアルタイムモニターがあるんだけど、人の動きに合わせてトラフィックがゆれていくのがものすごいんだ。動けばそれに合わせて、あそこに行けー! って。

Engadget:えっ? 人間WiFiの人達はトラフィックモニターに合わせて動いてるんですか?

KDDI 川北氏:はい、指示が飛んできたらそこに向かうんです。

KDDI 田中孝司 社長:どこそこ行けー! て、いやほんと最後は人なんだよね。基地局の調整とかリアルタイムにできない以上、人をかけるしかない。イベントならばコミケだし、リアルトラフィックなら新宿、渋谷、池袋が電波の嵐です。
2006年4月より提供してまいりました livedoor Reader ですが、このたび 2014年12月をもちまして、サービスを終了いたします。
昨日のNHKのニュースで「噴火の兆候である地震が観測され、気象庁は事前に発表していた。なぜ広まらなかったのでしょう」みたいなことを言ってて、それはお前らが報道せんかったからやろってさすがに思った。

NASAによると、アラル海には1960年代までアムダリヤ川とシルダリヤ川の2つの川が注ぎ込み、雪解け水や雨水が流れ込んでいた。しかし旧ソ連が60年代、農業用水を確保するため、この2つの川の流れを変え、水を運河に流入させた。

この影響でアラル海は縮小を始め、塩分濃度が上昇。肥料や化学物質で汚染された湖底が露呈した。この土壌が風に吹かれて周辺の耕作地に広がったため、耕作用にさらに多くの水が必要になったという。

水位の低下に伴いこの地域の気候も変化した。気温の変化を和らげてくれる水がなくなったため、冬は一層寒く、夏は一層暑くなったとNASAは解説している。

個人的今月のNEW GAME!ベストコマです pic.twitter.com/ypZgvtfWHz
個人的今月のNEW GAME!ベストコマです pic.twitter.com/ypZgvtfWHz