このテーマをインストール
JASRACは弁護士みたいなもんで、JASRAC加盟者の利益を最大にするためにひたすらポジショントークをし続け、同時に盾になり続ける組織だから、その言動は馬鹿に見えても考えられた交渉戦術なので気をつけろ

今年2月から7月28日までの患者数は1201人で、死亡者は672人に達している。エイズの死亡者数と比較すると圧倒的に少ないが、エボラの恐ろしい点は、感染後2日から3週間ほどで発症し、短期間で半数以上の患者が亡くなることだ。


 しかしエボラは患者の血液や唾液、排泄物、分泌液などから飛沫感染する。なかには患者の葬儀に参列した全員が感染したという報告もある。

とにかく、大事なことは「セシウムは付着した場所から移動しない」のだと言う。木の葉、木の幹、及び表土から殆ど移動しない。3年経った今でも、表土から2−3cm、それ以上深くまでは沈降しない。だから、雨水によってセシウムが地下深く浸透して地下水に影響を与えることもない。逆に言えば、何万年もセシウムは表土にずっと残り続けることになる。

そして、さらに今回分かった、驚異的な事実は、殆どの植物が土壌から、一切のセシウムを吸収しないことであった。このことに気がついた中西先生の実験室では、さらに興味深いことがわかった。植物は放射能に汚染された土壌から一切セシウムを吸収しないのに、放射能に汚染された水だけで栽培するとセシウムをたっぷり吸収するという事実である。つまり、セシウムは土壌と強く結びつく性質を持っていて、この土壌からは植物の内部に全く入っていかないのだ。

このことが、農地の土壌に対しては、完全な除染が進んではいないにも関わらず、そこで、新たに栽培された農作物は全く放射能が検出されない安全なものが生産出来るという理由である。中西先生によれば、地球は、誕生直後から強い放射線に覆われており、その中で、生物は進化を続けてきたので、もともと放射能に対して強い耐性を持っていると言うのである。

中でも一番驚くのは、乳牛に関する放射能汚染調査で、原発事故直後に深刻な放射能汚染を受けた飼料を食べた乳牛から絞られた牛乳も深刻な放射能汚染を受けていたわけだが、その後、汚染されていない飼料を与えたところ、20日後には、原発事故以前の状態と同じ、全く汚染されていない牛乳が得られたという。つまり、植物は土壌から放射性物質を吸収しないし、動物は一度取り込んだ放射性物質を排出し、体内に残さないという優れた放射能耐性能力を持っていることが判明したのだという。中西先生は、ここで悲しそうな顔をして語られた。「だから放射能汚染地域に居た乳牛達を殺す必要はなかったのです。彼らは、汚染されていない飼料さえ与えれば、また、再び全く問題ない牛乳を生産することが出来たのです」。

タイバニは「男にとって都合のいい女」が一人も出てこないので、安心して楽しめたのです。女性キャラが大切にされているからこそ、女性ファンがついたのですよ。タイバニ人気を「腐女子受け」だけで片づけようとする人たちは、創作物の中の女性キャラの扱いなど、どうでもいいことなのでしょうな。

その物質は、水によく溶け、臭いはない。様々な形状をとることができるが、最もよく知られた外観は「白い粉」という姿だ。後述する様々な危険性を持つ物質だが、今のところ法律による規制をすり抜けており、事実上野放しになっているのが現状だ。

 この物質は、摂取することによって人体に強い快感を与えることを特徴とする。一度摂取すると決してやめることはできず、毎日この物質を求めずにいられなくなる。悲惨なことに、この物質の中毒に陥りやすいのは若い女性だ。疲労感を忘れさせる性質があるため、肉体を酷使する職業の者も手を出してしまいやすい。脳の働きをよくするとして、勉強前に摂取する若者も後を絶たない。

 この物質は人体の様々な防御機構を突破して血液中に苦もなく入り込み、全身をめぐる。細胞の一つ一つにまで入り込み、肝臓や筋肉に蓄積してしまう。多くの有害物質は尿から排泄されるが、この物質は排出されにくく、尿中に検出される頃には症状は相当に悪化している。

 恐ろしいのはここからだ。この物質は血管を造るタンパク質に二度と外れないようしっかりと結びつく。また細胞内のシグナル伝達機構を狂わせ、徐々にその機能を失わせてゆく。結果、全身の血管は少しずつ蝕まれる。網膜の血管が破壊されれば失明につながり、心血管がダメージを受ければ心筋梗塞の原因となる。症状が進めば腎臓病、脳卒中、狭心症、認知症なども起きることがあり、この物質が引き起こす疾患は数知れない。

21 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/07/30(水) 01:13:54.66 ID:KPGroU+v0.net

禁止と書くより、やるなら死ぬ気でやれって書いておいたほうがいい気がする

73 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/07/30(水) 01:24:48.30 ID:4m0/qwEg0.net

»21 
どこだったか忘れたけど、横断禁止の道路に
「ここを横断して轢かれても保険金が払われない可能性があります」
って看板がかかってるの見た記憶がある

今の日本銀行は、政府の発行した「発行済み国債の量」によって、お札を発行する量を決めています。面白いですよね。稼いだ量ではなくて、借金の量によって、日銀が刷るお金の量が決まっているのです